ニキビの原因アクネ菌とは?

ニキビの原因アクネ菌とは?

この記事では、ニキビの原因と言われている「アクネ菌」について詳しく紹介しています。

 

「ニキビが出来るのはアクネ菌のせいだと聞いた!」

「アクネ菌さえなければ、ニキビ肌で悩まなかったのに・・・」

そんな風に思った事はございませんか?

アクネ菌が毛穴にいるせいで、ニキビが出来てしまうなら、アクネ菌はどうして毛穴にいるのでしょうか?

今回の記事でニキビの原因となるアクネ菌について徹底調査してみようと思います。

16-fw

白ニキビ(コメド)の原因をおさらい!

ニキビの初期段階である白ニキビ(通称:コメド)は皮脂や角栓などで毛穴が詰まると発生してしまいます。

毛穴が詰まる事で毛穴の出入り口が塞がっている状態で、面貌(めんぼう)とも呼ばれています。

まだ白ニキビの段階では炎症を起こしていませんが、アクネ菌が増殖するで炎症を起こしてしまうと赤ニキビなどに進化していきます。

23-fw

アクネ菌とニキビ関係性

上記で話しましたが、アクネ菌が増殖してしまうと白ニキビから赤ニキビへと変化を遂げます。

アクネ菌は正式名称「プロピオニバクテリウム・アクネス」といい、顔に常在している菌(常在菌)の1種です。

アクネ菌も他の常在菌と同じように善玉菌と悪玉菌の2種類があり、どちらも空気の入らない場所で皮脂を好み、増殖する特徴がありますが、異常なほど増殖してしまう事はある一定の条件を除けばありません。9-fw善玉であるアクネ菌は病原菌の繁殖を抑えてくれる力があるため、なくてはならない存在です。

しかし、悪玉側のアクネ菌は有害物質(遊離脂肪酸)を排出し、ニキビの炎症を引き起こしてしまいます。。

白ニキビとは皮脂や古い角質が毛穴に詰まり出入り口が塞がった状態・・。

つまり、空気の入らない場所で皮脂がウヨウヨしている絶好の場所なのです。

そのため、そこにいるアクネ菌は皮脂を餌にどんどん増殖し、赤ニキビなどの炎症ニキビへと発展していきます。

(ちなみに炎症が起こる理由ですが、皮脂が悪玉側のアクネ菌に分解されることによって体に有害な毒を持つ物質になってしまう為です)

30

ニキビの原因アクネ菌を排除する方法

アクネ菌は菌なので、強い殺菌剤などを用いることで、除去する事は出来ますが、そうすると善玉側のアクネ菌や他の常在菌まで殺菌してしまう事になり、お肌に強いにダメージを与えてしまいます。

ですので、出来るだけ刺激が弱い殺菌剤などを使用して、少しずつ減少させることが大事になります。

殺菌効果と聞くと、エタノールなどのアルコール成分やニキビケア成分として話題のサリチル酸などが挙げられます。

(サリチル酸について、詳しくか下記の記事で紹介していますよ^^)

サリチル酸って本当にニキビケアにいいの?

または、抗炎症作用と抗アレルギー作用がある「グリチルリチン酸」の使用もオススメです。

敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の人には効果が期待出来ます。

 

また、悪玉側のアクネ菌が増えている時の見分け方として、お肌の診断などを行った時に「アルカリ性ですね」と言われた場合は要注意です。

アクネ菌の善玉菌と悪玉菌のバランスがとれたお肌は「酸性」の状態であるからです。

ですので、洗顔料なども「ニキビでお悩みの方は弱酸性のものをご使用ください」とよく言われるのですよね。

17

ニキビ原因のアクネ菌を増やさない方法

炎症ニキビの原因となってしまうアクネ菌ですが、毛穴の詰まりを防いであげる事が最も大事になります。

女性の方はメイクをするとファンデーションやコンシーラーなどで毛穴をどうしても塞いでしまいがちなので、お肌に優しいミネラルファンデーションなどの使用が望ましいです。

今日は勝負日!という時はカバー力の高いリキッド系を使い、普段はフェイスパウダーやミネラルファンデーションで乗り切るようにしましょうね♪

帰宅後に、しっかりクレンジングして毛穴が詰まらない様にしてあげる事も大切ですよ。

%e3%82%b3%e3%82%b9%e3%83%a14

悪玉側のアクネ菌が増えないような環境を作る事で、炎症を起こした赤ニキビなどに会わないようなるので、しっかりスキンケアをしてあげましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る