いつまでたっても治らない…それ、ニキビじゃないかもしれません!

いつまでたっても治らない…それ、ニキビじゃないかもしれません!

しっかりケアはしているのにニキビがずっと治らない。。
そんな状態が続くと「もう私のニキビは治らないのかな…」と
不安になってしまいますよね。
でも、もしかしたらあなたがニキビだと思っているそれ!
実は違う皮膚疾患かもしれません。
今日はニキビに似た皮膚疾患についてお話しますので
最後までしっかり読んで下さいね^^

 

 

こんばんは!
美子です~

 

朝晩と、だいぶ涼しくなってきましたね!

寝付きはとっても良いんだけど
逆に朝起きれなくて困っています

目覚ましを3つかけているものの、
いつ寝坊するかヒヤヒヤ。。

 

優しく起こしてくれる
竹●涼真君のように爽やかな人はいませんか(´Д`)

 

はい、居ませんよね

 

そんな私のどうでも良い話は置いておいて。。

 

以前、お肌悩みを頂いたお客様との会話で
こんな事がありました。

「ずっとニキビだと思っていたんですけど
皮膚科に行ったら違う病名でした…」

 

そう!!

 

肌トラブルはニキビだと思い込みがちですが
違う病気の場合もあるんです!

そこで今日はニキビに見えるけど実は違う病気かも
ニキビに似ている皮膚疾患についてお話していきますよー

 

ニキビの定義ってそもそもなに!?

 

普段私たちは「ニキビ」や「吹き出物」と呼んでいますが
医療的には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言う正式名称があります。

症状としては、過剰な皮脂が毛穴に詰まる事で肌の表面に炎症を起こし、
白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、黒ニキビと
段階を追って炎症を起こしていきます。

 

ニキビと似ているけど違う!
皮膚疾患とその見分け方って?

 

見た目が赤く小さな皮膚疾患だと
ニキビだと思われがちですが
ケアを続けていても効果が感じられない場合は
他の皮膚疾患の可能性もあるので注意しましょう!

 

アレルギー

 

ニキビが慢性化する場合、
アレルギーとなる食べ物や薬を知らずに摂取している事が
原因の可能性があります。

通常のアレルギーは摂取後すぐに蕁麻疹や発作を起こすのに比べ
遅延型アレルギーは摂取後、数日かけて症状が出ます。
反応が出るまでに時間がかかる事が多いため
アレルギーだと気付かない事があります。

私の事かも!?と思ったあなたは・・・

好んでよく食べる物や飲むものなどが
逆に体調を悪化させる原因になっている事もあるので
一度1~2週間程度摂取する量を減らしてみましょう。
また最近ではネットで遅延型アレルギーの検査を受けるキットを購入する事も出来ます。
気になる方は一度検査を受けてみるのも良いでしょう。

毛孔性角化症(もうこうせいたいせん)

毛孔性角化症は顔だけでなく二の腕や背中などにも出来やすい疾患です。
古くなった角質が毛穴に詰まる事が原因で出来やすいと言われていますが
ニキビのような1つ1つが大きく炎症を起こす事はあまりありません。

毛孔性苔癬は良性の疾患なので放置しても健康上に大きな問題を起こしたり
触れる事で他人に感染するようなことはありません。

私の事かも!?と思ったあなたは・・・

患部を擦ったり掻きむしると色素沈着を起こしたり
デコボコとクレーターのように跡が残る可能性がありますので
刺激を与えないようにし、しっかり保湿を行いましょう。
また、厚くなった角質を落とすのに効果的な
ビタミンC入りの化粧水などで保湿ケアを行うのも良いでしょう。
ただし、症状の範囲が広い場合は間違ったケアで症状が悪化する事もありますので
お医者さんに相談する事をお勧めします。

尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)

主に男性に多い皮膚疾患ですが
カミソリ負けにより皮膚の表面まで削り取ってしまう事で
傷口から雑菌が入り、ニキビのような赤い炎症が起こります。
この炎症が出ているまま、毎日ヒゲ剃りや産毛剃りをおこなっていると
雑菌が繁殖し化膿してしまう可能性もあります。
またニキビと同じで炎症を繰り返す事で色素沈着をおこし、跡として残る事もあります。

私の事かも!?と思ったあなたは・・・

シェービングする時はぬるま湯などで一度肌を柔らかくし
必ずシェービングフォームを使いましょう。
また男性はアフターシェーブローションを使う方も多いと思いますが
アルコールが含まれている物を使用すると
肌の乾燥を悪化させてしまう可能性が高いので
化粧水と乳液での保湿がオススメです。

すでに跡になって残ってしまった場合
シミに効果が期待できる美容液で外側からのケアを行う事も効果的です 💡

マラセチア毛包炎(まらせちあもうほうえん)

マラセチア菌の異常繁殖により発生する炎症です。
ニキビはアクネ菌という細菌によって発生しますが
マラセチア菌は真菌(カビ)です。
このマラセチア菌は皮脂や湿気の多い所を好むため
脂性肌の人や汗をかきやすい人は注意が必要です。
ニキビとの見分け方の目安としては
ニキビが出来るのが一度に2~3個なのに対して
マラセチア菌は一気に10~20個程度出来るのが特徴です。

私の事かも!?と思ったあなたは・・・

マラセチア菌は皮脂や湿気を好んで増殖するので
肌を清潔の保つ事が大事です。
汗をかく季節は空調を上手く利用し
悪化させないように気を付けましょう。
また炎症が酷くなってからでは肌に大きなダメージを与え、
色素沈着で跡になりやすいので出来てしまったらまず皮膚科を受診しましょう。

 

悪化させない為に

 

ずっとニキビだと思ってケアをしてきたけど
なかなか治らない、過度な痛みや痒みがあるなど
少しでも疑問を感じたら大人ニキビではない可能性もあります
今回説明した症状以外にもたくさんニキビに似たような
皮膚疾患がありますので、一度皮膚科を受診するのもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る