『おでこにきびを甘く考えるな!』

『おでこにきびを甘く考えるな!』

おでこにきびを

早く治すために、
一番大切なこと。

あなたは何だと思いますか?

それは、
なぜ「おでこにニキビが
でたのか?」という
原因を見つけることです。

これは重要です。

なぜって、
治っても繰り返しニキビが
できてしまうことに
なるからです。

繰り返しニキビが
できると、
お肌の組織は壊れてしまいます。

そうです。
お肌の組織が壊れると、
滑らかで綺麗なお肌はなくなり、
あなたのお肌は凸凹に。

凸凹のお肌に
なるのは嫌ですよね。
だから原因を知ることが
大切なのです。

そこで今回は
おでこにきびの原因と
対策をご紹介してきますね^^

【おでこは皮脂が出やすい=ニキビが出来やすい!】

おでこは
Tゾーンの一角で
皮脂分泌量が
際立って多い部位ですから、
放っておくと
炎症を起こして
赤く腫れてしまうことも
珍しくありません。

またTゾーンのニキビは
主に思春期に多発する
傾向があります。

発生原因は
角栓による
毛穴詰まりですが、
悪化要因は内部に皮脂が溜まり、
その皮脂に集まってきた
アクネ菌が増殖して
炎症を起こすことです。

炎症を起こして長期化すると、
ニキビ跡が残る可能性が
高まりますので、
いかに初期の段階で
治療するかが
重要になります。

Tゾーンは皮脂量が多いので、
発生したニキビの
悪化率はやや高め。

肌のバリア機能を
もとに戻すための
保湿ケアがめちゃくちゃ
大事のなるのです。

【保湿クリームだと油分が多すぎる場合あり!?】

あなたも洗顔後、
化粧水の後に
保湿クリームを
使っていると思います。

保湿クリームは、
保湿、スベスベ感、
使用感を高めるために
油が添加してあります。

一番の効能は、「保湿」

でも、この保湿は、
「油で蓋をする」こと
水分の蒸発を防ぐというもの。

38

じつはこの油が
肌のバリア機能に
異常を起こしてしまっている
可能性があるのです。

お肌は油分を
肌細胞の中に
取り込まれやすいという
性質を持っています。

つまり水分よりも
油のほうが浸透しやすい。
クリームに
油が含まれているのは、
この性質を利用しているため。

このようなお肌の特徴は、
「皮脂に含まれる油分」はもちろん、
「お肌につけた油」までも
肌細胞に取り込みます。

だから
保湿クリームを使う場合には
油分が多すぎる場合が
あるんです。

保湿クリームを使って
テカってしまう、
ベタついてしまうなどが
あるのならは、
是非乳液を使うように
してみてください。

【それでもニキビケアにはやっぱり水分が大事!】

基本的には
どんな肌質でも
スキンケアによる保湿が
必須となっています。

にきびができやすい
オイリーな肌質だと、
油っぽさを気にするあまり、
乾燥状態に
気がつかないことがあります。

しかし皮脂の多い肌の方でも、
乾燥肌でないとはかぎりません。

水分が足りない状態が
皮脂を過剰分泌させて
脂ぎったお肌にしてしまうのです。

また乾燥状態の場合は、
角質が厚くなって
毛穴を塞いでしまい、
皮脂を外に出せない状態に
なってしまいます。

こうした状態をなくし、
スムーズな肌の循環を
行なうために大事なのが、
化粧水による保湿で、
毛穴からお肌全体に
うるおいを与えることなのです。

37

ですので、
どんな場合にも
洗顔 ⇒ 化粧水
をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る