『ニキビケア商品に 含まれる成分の話』

『ニキビケア商品に 含まれる成分の話』

普段、
私達が口にしている
食品を買う時、
裏に記載されている
原産国や原材料を
確認する方が
以前よりも増えましたね。

では、
化粧品を買う時は
どうでしょうか?

食品と違い、
値段の高い美容液などは
記載されている成分名も難しく、
確認するのが
面倒になりませんか?

時には、ブランド名や
キャッチコピーで買って
しまう事もありますよね。

実は、
ニキビケア商品の中で
お肌に悪影響を及ぼす
怖い成分が含まれている事が
分かっています。

ニキビでお悩みの方には
特にチェックして頂きたい、
とても大事な成分のお話です。

その成分は
どのように私達の肌に
影響を与えるのでしょうか?

そこで、
ニキビケア商品に含まれる
成分について
調べてみました!

是非、ご購入の際の
ご参考になさってください☆

【合成界面活性剤とは?】

化粧品には石油由来の
合成成分が多く使われています。

合成防腐剤、合成色素、
合成香料、合成油剤などが
ありますが、

中でも最も注意したい成分は
「合成界面活性剤」です。

合成界面活性剤とは、
弾きあって混ざらない
性質を持つ水と油を
混ぜ合わせる性質の
化学合成物質の事をいいます。

油汚れを水で流す「洗浄剤」として
使われる事が多い
合成界面活性剤ですが、
その働きは多岐に渡ります。

洗浄剤としてクレンジングに、
乳化剤として
乳液やクリームに、
感触改良剤として化粧水や
美容液に使われる事も
あるのです。

特にニキビケア商品では、
洗浄力の高い洗顔料も
数多くあります。

つい洗浄力の高い商品に
手が伸びてしまいがちですが、
我慢しましょう!

41

洗浄力が強力という事は、
肌表面の汚れや毛穴汚れだけでなく、
皮脂膜まで取り除いてしまい、
肌にダメージを与えるという事を
忘れてはいけません!

【なぜ合成界面活性剤はだめ?】

合成界面活性剤は、
お肌の最も外側の皮脂膜を
乳化・溶解させながら、
スーッとお肌に馴染みます。

そして、
角質層の油分である
細胞間脂質にたどり着き、
乳化・溶解をさせます。

そうする事で、
角質内の潤いを保ってくれていた
細胞間脂質は
保水量が大幅に落ち、
乾燥が進み、
肌荒れの原因となります。

更に、
合成界面活性剤の使われた
化粧品を長期に渡り
使い続ける事で、
お肌のバリア機能を
壊し続け、
慢性的な乾燥・敏感肌に
なるだけでなく、
化学物質が吸収され、
アレルギーを引き起こす
可能性もあるのです。

また、
もう一つの特徴として、
水分と油分の保護膜を
簡単にすり抜け、
油分を溶かし、
たんぱく質を変性させる
性質を持っています。

この性質により、
皮膚のたんぱく質は壊され、
慢性的な手荒れ症状を
起こします。

他にも、
合成界面活性剤の影響で、
シミや皮膚障害、
肝機能障害や妊娠率の低下など、
様々な危険性や毒性が
叫ばれています。

42

崩れない・滲まないメイクなど、
1日持つメイクの場合は、
強力な洗浄効果のある
クレンジングでないと
落とせない事もあります。

こうした化粧品自体
とても刺激が強い成分が
使われている事が多いので
注意しましょう。

ニキビは炎症している状態です!

合成界面活性剤を使用した
ケア商品を使う事で、
ニキビの大敵である
乾燥をどんどん促し、
肌状態を悪化させ、
外部からの刺激から
守れなくなります。

ニキビで悩まれてる方は、
こうした成分を含まない
ケア用品を使う事を
お勧めします。

【安全に使えるニキビケア商品とは?】

毎日のお化粧やスキンケアは、
日々の積み重ねが
数年後に結果として
必ず現れます。

肌に刺激のあるものや、
乾燥を進めるもの、
悪影響を及ぼすものなど、
これらを長く使う事で、
数年後の肌は決まるのです。

ご自分の肌はご自分で守り、
ご自分で選ぶ目を養う事が
重要です。

もしニキビでお悩みならば、
添加物を一切使用していない
無添加のスキンケア商品を
選びましょう。

保湿やスキンケアを
きちんと行っている
つもりでも、
乾燥がすすむ・・

このように、
きちんとケアを行って
いるつもりでも、
肌に異常を感じるのなら、
それは何らかの刺激を
受けている証拠です。

中でも、
ニキビなど肌にダメージが
加わっている状態で、
添加物の刺激を受けると
更に悪化する恐れもあります。

美容液で迷った時は、
低刺激の無添加美容液
使う事をお勧めします。

特に、
・紫外線吸収剤
・合成香料
・タール系色素
・石油系界面活性剤
・シリコン
・パラペン
・鉱物油

これらを一切使用していない
ニキビ・ニキビ染みケア用美容液
「ベルブラン」
安心して使う事が
できます。

40

ベルブランはこちらを
クリックするとご覧になれます。

ベルブランはこちら

ベルブランを使う事で、
肌本来の自浄作用や、
ターンオーバーを妨げる事なく
ケアをサポートする事ができ、
本来の美しさを取り戻す事が
できるのです。

何年先までも長く続けられる
お肌に優しいベルブランで
ケアをすれば、
元々お肌が持っているパワーを
蘇らせる事も可能ですよ。

肌に優しい美容液こそ、
本当のニキビケアです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る