『ニキビと深い関わりのある ターンオーバーとは?』

『ニキビと深い関わりのある ターンオーバーとは?』

美容雑誌を見ていると
よく目にする
「ターンオーバー」の文字。

何となく分かるけど
詳しくはよく分からない・・

そんな方も
いらっしゃるのでは?

30歳を過ぎると
シミ・シワ・たるみ・・
お肌の悩みが
どんどん増えていきますね。

そして忘れてはいけないのが
多くの方を悩ませる
「ニキビ」です。

一見関係なさそうですが、
実は、
「ニキビ」と
「ターンオーバー」には
深い関わりがあるのです!

ニキビでお悩みの方は
是非ご参考になさってください。

ターンオーバーのメカニズムから
ニキビとの関わりまで
どーんとまとめてみました(*^^*)

【ターンオーバーとは?】

ターンオーバーとは、
肌が新しく生まれ変わる事、
肌の新陳代謝の事を言います。

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」
から成り、
更に表皮は一番内側から
「基底層」「有棘層」
「顆粒層」「角質層」と4層構造に
なっています。

私達の皮膚は、
表皮の「基底層」で生まれた細胞が
様々な形に変えながら
角化細胞になり、
この細胞は新しい細胞に
押し上げられるように表面迄上がり、
最後はアカとなって自然に
剥がれ落ちていきます。

6

この新しい細胞が
角化細胞になって、
アカとして自然と
剥がれ落ちるまでの
サイクルをターンオーバーと
言うのです。

【ターンオーバーの周期とは?】

肌の生まれ変わりである
ターンオーバーには
周期があります。

通常なら28日周期
ターンオーバーを繰り返す事により、
損傷した古い組織を新しい組織と
置き換えていきます。

しかし、
20代と比較すると
30代は加齢に伴い、
皮膚の新陳代謝も
徐々に乱れて遅くなります。

このようにターンオーバーが遅くなると、
古い角質が肌から
剥がれ落ちにくくなり、
毛穴が詰まり、
ニキビが発生しやすく
なるのです。

加齢の他にも、
ストレスや睡眠不足、
不規則な食生活や紫外線など、
ターンオーバーを乱す原因は
様々あります。

ターンオーバーが
正常に働くという事は、
肌が健康となり、
免疫力が高まって、
ニキビに対する抵抗力が
増す事になります。

肌代謝をスムーズに行うように
ターンオーバーを乱す原因となる
生活の悪習慣を改めたり、
スキンケア商品で
その分カバーをする事が
重要です。

ターンオーバーの乱れと
繰り返すニキビでぶ厚く
硬くなったお肌は、
しっかりと保湿して
ニキビケアをしましょう!

【ターンオーバーとニキビの関わりとは?】

ターンオーバーが遅いと、
毛穴が詰まり、ニキビが発生
しやすくなりますが、
ターンオーバーが早くても
肌に影響を与えます。

早くなる原因として、
洗顔時の洗いすぎや、
ケアのし過ぎ、
刺激の強いスキンケアなどが
考えられます。

一見、肌の生れ変りが早いと
影響を及ぼさないように
感じますが、
そうではありません!

ターンオーバーが早いと、
角質層に辿り着くまでに
セラミドなど細胞間脂質を
満足に作る事が出来ず、
お肌が水分を保てなくなります。

そして、
肌のバリア機能が壊れて、
水分蒸発を防ぐ力も弱まり、
水分量が減っていくのです。15

ニキビケアに力を入れ過ぎて、
ターンオーバーを乱し、
更に乾燥を促し、
結果ニキビを悪化させることに
なりかねません。

肌に刺激を与えない、
ターンオーバーを正常化する正しいケアをする事が
もっとも大事です。

まとめると・・

何らかの原因により
ターンオーバーが乱れる。

ターンオーバーが遅くなり、
皮膚の新陳代謝が
うまくいかずに皮脂が残る。
もしくは、
ターンオーバーが早まり、
皮膚の再生が上手くいかず、
バリア機能が壊れる。

毛穴が詰まり、
ニキビが出来る。肌がごわつく。
もしくは、
乾燥が進み、
ニキビが出来やすくなる。

ターンオーバーの乱れは
このような悪循環を生むのです。

そこで、
ターンオーバーの乱れで
肌荒れや乾燥をしやすい
状態を補う為に、
ニキビに特化した美容液で
しっかりとフォローしましょう。

ニキビ・ニキビ染みケア用美容液
「ベルブラン」
朝晩二回、
ニキビケアをすると
乱れた肌状態も
落ち着いてきます。

40

ベルブランはこちらから
ご覧になれます♪
↓こちらをクリックしてください^^

ベルブラン

導入と美白に
徹底的にこだわりぬいた
美容液なので、
ゴワついた肌にも
最適です。

有効成分を肌に入れる事で、
ニキビ染みにも
実感する事が出来ます。

ターンオーバーを
正常化させる事は、
古い角質と一緒にニキビ染みも
一緒に剥がす事に繋がるので、
内外両面からニキビケアをして
いくとGOODです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る