紫外線で肌が老化!?どんどんニキビ肌に(泣)

紫外線で肌が老化!?どんどんニキビ肌に(泣)

この記事では、紫外線がニキビ・ニキビ跡に与える影響を詳しく紹介しています。紫外線の種類によってはニキビに効果が・・・!?0

自転車や徒歩で通勤・通学されている方、営業で外回りをされている方などはもちろん、少し日差しが出ていても気になってしまうのが紫外線の存在ですよね?

またこの時期になると日焼け止めなどを塗らずに外出してしまう方も多いと思います。

そもそも肌に悪い影響を与える紫外線とは何なのか?

どう肌に影響をもたらすのか?
今回お話していきますので最後までしっかりご覧になってくださいね!

紫外線は3種類。どの紫外線がニキビにダメなの?

紫外線=日焼け
紫外線=肌に悪い
などぱっと思いつくと思うのですが、実は紫外線って3種類もあって、その種類によって、肌に与える影響が違うんです。

それぞれご紹介していきますね!

「B波→日焼けの原因」

B波は強いエネルギーを持っていて、肌表面の細胞を傷つけたり炎症を引き起こしたりします。
このB波がすなわち日焼けの原因の紫外線なんです。

日焼けだけでなく、シミや皮膚がんの原因となり得るのがB波の怖いところですが、オゾン層や雲などに遮られるため、日傘などでも十分に肌を守ることが出来ます。

日焼け止めのパッケージに書かれている「SPF◯◯」という数値は、このB波に対する防御力をどれだけ上げられるかというモノ。

「A波→シワやシミの原因」

B波より長い波長の紫外線がA波です。
A波を浴びてもB波のように肌が真っ赤に日焼けするようなことはありませんが、肌表面ではなく、肌の奥まで入り込むため、中に悪影響が及びます。

肌の内側のコラーゲンやエラスチンなどを傷つけ、これがしわの原因となっています。

A波は、オゾン層や雲や、さらには窓ガラスも通り抜けるため、季節や屋内屋外を問わず影響を受ける可能性があるのです。

このA波を防ぐには「PA」の数値をよく見ることが大事です。

PAとは「Protection Grade of UVA」の略で、A波をどれだけ防げるかを表したものです。

但しPAは数字ではなく、効果の強さによって「PA+」から「PA++++」までの4段階で表示されています。

「オゾン層の破壊によって降り注ぐC波」

3種類の中で最も有害なのがC波です。
現在のところ、C波はオゾン層などに遮られて地表にまではあまり届いていませんが、オゾン層の破壊が進行すると直接降り注ぐことになります…。

C波は環境汚染が進まないことを願うとして、いま対策が出来るのはA波とB波です。

UVカットの化粧品や日焼け止めを購入する際は是非参考にしてみてください!

18

あなたの肌の色によって紫外線の影響が違う!

普通に町を歩いていても肌の色ってみんな一緒ではないと思います。

特に外国人なんかは私たちと全然違う色だったり、同じ日本人でも色黒、色白ありますよね?

実は生まれ持ったその肌の色で紫外線で受ける肌の影響が変わってくるのです。

例えば、肌の色が非常に白く、敏感肌。日光を浴びるといつも赤くヤケド日焼けしてしまう。

また、シミ、ソバカスができやすい。日光を浴びてもほとんど褐色にならない(メラニン色素が沈着しない)。

こんなお肌の方は特に、肌トラブルを引き起こしやすくなっていると思います。

また普段の肌色がこげ茶色。日光を浴びるとすぐに褐色になり、きれいな肌色に焼けて、なかなかさめない。

こんな肌の方は、紫外線から受ける影響は少なく、シミ、そばかすに悩む方は少ないと思います。

もしあなたは色白で日焼けしてしまうと真っ赤になってしまうのなら、
夏に限らず、1年中紫外線対策をするようにしてくださいね!

紫外線がニキビを増やしている!?

お肌のためには紫外線対策を摂ることはとても重要なことといえます。

ですがお肌にニキビが生まれてしまっているときはどうなのでしょうか。

「ニキビの上に日焼け止めを使用するのは、悪化させることに繋がるのでは?」そう思う人も少なくないと思います。

しかしお肌への対策をしないまま紫外線を受けてしまうと、お肌のガード機能が働き角質層に厚みが生まれ、過角化へと進んでしまいます。

過角化が進行してしまうと今度は毛穴が詰まってニキビが生まれやすくなり、さらには抵抗力が落ちてしまうために炎症が起きてしまったり、ひどい状態になってしまうこともあるようです。

8

紫外線がお肌に対して及ぼす悪影響はそれだけではありません。

お肌に必要な水分を失わせてしまい、本来お肌が持っているバリア機能をダウンさせてしまうことに繋がってしまいます。

ニキビ改善のための角質ケア、ピーリングを行っている時も同様にバリア機能が落ちている状態です。

ピーリング後はいつもより丹念に紫外線対策を行わないと、ニキビ改善が期待できるどころか悪化させてしまう可能性もあります。

ニキビがお肌に生まれている状態でも、日焼け止め対策としてUVクリームなどを利用するようにしてくださいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る