ピーリングって何?やっていい人とダメな人の違いとは?

ピーリングって何?やっていい人とダメな人の違いとは?

ニキビにはピーリングが効果的というのは、ニキビやお肌トラブルで悩んでいる方にはよく耳にする言葉だと思います。

でも実際にピーリングって何?
どうやればいいの?
自宅で出来るの?
痛くない?
などたくさんの疑問が浮かんでくるのではないでしょうか?

知ってるようで、実はあまり知らない!?『ピーリング』とは何なのでしょう?

43

自分はやってもいいのか?も
確認しておきましょう。
【ピーリングってなに??】

ピーリングとは・・・?

古い角質を取り除き、
ターンオーバーを正常にする
「角質ケア」の一種です。

ここで勘違いしてしまいがちなのが、
ピーリングはあくまでも
ターンオーバーを
「正常化」するための方法であって、
ターンオーバーを
「早める」ものではありません。

ここを勘違いしている方が多いので
しっかりと覚えておいてくださいね!

そしてピーリングには
大きく分けて2種類に分かれます。

■酸を直接肌に塗り、
角質を溶かしていくもの。(化学的)

例)ケミカルピーリングなど

■薬剤は使用せず、
物理的な力で強制的に
剥がしていくもの。(物理的)

例)レーザーピーリング、
ダイヤモンドピーリング、
ソルト、クリスタルなど

ピーリングの種類を
すべて紹介すると膨大な量になるので
大まかにはこの2種類に分かれると
いうことを覚えておいてください。
【ピーリングは危ないのか?】

ピーリングを
やることによって
古い角質を取ってくれるわけなので、
うまく活用していけば、
美肌も目指せます。
危なくはありません。

しかし、
別の意味で危険です。

どういうことかというと、
「ピーリングを軽視している」と
いうこと。

これはネットでの話に
限らずなんですが、
何でもかんでも
「ピーリングで解決できてしまう」
みたいな風潮?があるんです…

『ニキビはピーリングで治る!!』や
『ピーリングをやることで
肌がきれいに!!』
なんてのは“宣伝文句”・
”煽り”でしかなく、
ピーリング用品を売るための
騙しと言っても
過言ではありません。

41

またピーリングで改善できるとされる
「肌のゴワつき」や「毛穴の開き」なども
実は過剰なスキンケアで
ターンオーバーが早くなったと
いうことがほとんどです。

本来、ピーリングをやるべき人は
限られています。
それなのに「ピーリングをすれば
どんな肌トラブルも一気に解決だ!」と
いう間違った情報、
知識が蔓延してしまい、
やるべきではない人も
躊躇せずに足を踏み入れてしまう。

しまいには肌の状態が悪化していき、
取り返しのつかないことに・・・・。
なんてことになって
しまっている方も多いのが現状です。

またもちろんピーリングをやる事によっての
デメリットもあります。

例えば、「乾燥・肌荒れ」
その1つです。

ピーリングは「古い角質」を
取り除くものでした。

この古い角質“だけ”を、

ピーリングでちょちょいと
取ってあげればいいのですが、
ジェルならまだしも、
ピーリング石鹸で洗顔するとなれば、
必然的に顔全体を、
「バリア機能を持っている角質」も
ピーリングしてしまいます。

そうなると肌に負担がかかり・・・
・ニキビが増える・悪化する
・ニキビ跡がひどくなる(赤みが濃くなる)
・肌が赤くなる、ヒリヒリ(化粧水がしみたり)
こんなデメリットも考えられるのです。

乾燥するのはもちろん
続けていけば敏感肌に
なってしまうこともあります。

なので自分に合ったピーリングの種類、
使用頻度やアフターケアを
しっかりすれば副作用を心配する
必要はそこまでないかと思います。

しかし何も知らずにピーリングは
お肌にいいという情報だけで
ピーリングをしてしまっている人は
ほとんどの場合無理をして
ピーリングをやってしまっている事が多く、
すごくお肌に負担がかかっている状態となります。

じゃあどういう時にやればいいのか?

【ピーリングはどういう時にやる?】

ピーリングは
「溜まった角質をとる」ものなので、
基本的には、
『ターンオーバーが遅くなっている時』
に行うのが好ましいと言えます。

ピーリングをやるべきなのは、
「加齢により角質が溜まりやすくなってきた」
「消極的なスキンケア(水洗顔)で角質が溜まる」
「体質的に普段の洗顔では落としきれない」
という方です。

またピーリングをやるサインとしては・・・
・肌のくすみが気になる、ゴワゴワする・
・クマやシワ、シミが気になる
・毛穴が開いている
・化粧水が浸透してくれない
・化粧ノリが悪い

ターンオーバーが早くなっているのか?
遅くなっているのか?さえ把握できれば、
ピーリングはかなり効果的な手法です。

またニキビ、ニキビ染みに悩んでいる人は、
基本的にダメージ肌で
敏感肌になっている方は多いです。

ピーリング自体、
溜まった角栓を無理やり取ると
いうことになるので
お肌にとってはかなりの刺激
負担になることは間違えないのです。

なので、あなたは敏感肌だと
感じるようでしたら、
ピーリングという方法は
あまりおススメできない方法かなと
思います。

今自分がピーリングをすべきなのか、
しない方がいいのか
しっかりと見極めて
実施するようにしてくださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る