繰り返しできるあごニキビの原因と治し方!

繰り返しできるあごニキビの原因と治し方!

12

朝起きて鏡を見てびっくり!!

顎の周りに突如現れてしまった
大量のニキビ。
白く小さなプツプツのせいで、
鏡を見るのが憂鬱…。

スキンケアに気を付けたり、
油っぽい食べ物やお菓子を控えたり、
ニキビができないよう
努力をしているのに全然よくならない!

「一体どうしてこんなに
ニキビができるの?」と
辛い思いをされている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回はこのやっかいな顎ニキビについて
お話ししたいと思いますので
顎ニキビに悩んでいるのなら
しっかりとご覧くださいね^^
【出来やすく治りにくいあごニキビとは?】

Tゾーンや鼻の周りなどに
できやすいニキビですが、
あごにもできることがあります。

あごは汗はあまりかきませんが
皮脂腺の分布が多く
皮脂が詰まりやすく、
乾燥しやすい部分です。

意外かもしれませんが、
あごまわりは実は
ニキビのできやすい部分なのです。

またあごにできるニキビは、
手で触ったり毛先が当たるなどして
雑菌が付きやすいため、
一度あごにニキビができると治りにくく、
繰り返しできやすいという
特徴が挙げられます。

13
【あごニキビの原因とは?】
1、ホルモンバランスの影響

あごにできるニキビの原因の
筆頭に挙げられるのが
ホルモンバランスの影響です。

女性の場合は性周期によって
ホルモンバランスが変化するため、
それにあわせて肌のコンディションも
変化してしまいます。

女性の場合には、
女性ホルモンの内の一つ、
「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、
皮脂の分泌を活発にします。

男性の場合は女性のような
周期的な変化はありませんが、
もともと男性ホルモンの影響で
皮脂の分泌量は多くなります。

特にあご周辺はヒゲが生えるため
剃刀などによって
肌が傷つけられやすいことや、
皮脂線の分布も多いことから、
汚れやすく皮脂汚れが詰まりやすく、
あごニキビの原因となります。

男女に共通して
ホルモンバランスが乱れる原因としては、
ストレスや睡眠不足、
生活習慣の乱れや
環境の変化などが挙げられます。

ストレスを感じると
ステロイドホルモンの分泌が促進され、
さらには男性ホルモンの分泌が
促進されます。

ステロイドホルモンも男性ホルモンも、
皮脂の分泌を増加させるため、
ニキビができやすい状態を招きます。

2、間違ったスキンケアやスキンケア不足
フェイシャルのスキンケアは
毎日しっかりしているという方でも、
顎やフェイスラインの辺りは
行き届いていない場合も多いようです。

すすぎ不足で洗顔料が
あごに残っていたり、
保湿化粧品が
フェイスラインまで
しっかり補えていないなど、
心当たりのある方は
気を付けた方がよいでしょう。

あごにニキビができているのに、
洗顔時にしっかり
皮脂汚れが落とせていないと、
あごニキビを繰り返す原因となります。

男性の場合は髭剃り後の
保湿ケアを怠っていたり、
洗顔で丁寧かつしっかりと
皮脂汚れが落とせていないことが
原因の場合も多く見られます。

また同時に保湿不足が
原因となる場合もあります。
ニキビができたとき、
まず洗顔を気にする方が多いのですが、
そもそもの皮脂の過剰分泌の原因が
お肌の乾燥である場合もあります。

洗顔をきちんとしていても、
保湿がなおざりになっていると、
肌の内側が乾燥している
「インナードライ」の肌状態を招き、
皮脂分泌をさらに過剰にしてしまいます。

3、その他の原因
その他の原因として、
紫外線の影響も侮れません。
あごは紫外線に
さらされやすい部分でありながら、
紫外線対策が不十分になりがちです。

外部からの刺激という意味では、
紫外線に加え、
衣類の摩擦や無意識に
手で触れることで
雑菌が繁殖しやすい環境とも言えます。

他にも内臓の働きが低下していたり、
冷え性が原因の場合もあります。

一見ニキビとは関係ないように
思える原因もあると思いますが、
原因を突き止めるには、
体調全般、生活全般に
目を向けてみるとよいでしょう。
【あごニキビのケア方法】
●ホルモンバランを整える
あごのニキビの原因の一つ
「ホルモンバランスの乱れ」に対して、
ホルモンバランスを整えることは
治療の第一歩 です。

生活の中からストレス要因を
排除するのは容易ではありませんが、
できるだけストレスを溜めないように
うまく発散しましょう。

規則正しい生活のもと、
十分な睡眠とバランスのとれた
食生活が理想です。

これらは直接的なスキンケアを
するよりも大切で、
症状のケアに対しても
大きく影響してきます。

スキンケアでどうにかするよりも、
まずは生活全般を
見直すことが重要なのです。
●適切なスキンケア
今までの自分のスキンケアに
不適切な点がなかったか、
まず確認してみましょう。

あごのクレンジングや
洗顔はしっかり行き届いていたか、
また洗顔後のすすぎは
十分だったでしょうか?

すすぎが十分でないと、
洗顔料の成分が顔に残り、
毛穴を詰まらせる原因となります。

ニキビができやすい方は特に、
洗顔を見なおしてみてください。

ニキビができてしまった場合、
毛穴に詰まったメイクや皮脂汚れを
しっかり落とすことも大切ですが、
傷つけないように
やさしくケアすることも
同じくらい大切です。

洗顔後は化粧水で肌に水分を補ってから、
その水分を逃がさないよう
乳液でフタをします。

なるべく低刺激のもので、
お肌に合ったものを選びましょう。

また美容液などで、
皮脂分泌をコントロールしてくれる
「ビタミンC誘導体」
肌のバリア機能を回復する
「セラミド」など、
ニキビ治療に役立つ成分を
補うことも大切です。
●紫外線対策
あごは紫外線を浴びやすい部分です。
外出時に帽子を被っていても
顔の下半分はガードしきれていなかったり、
手や衣類に触れて
日焼け止めが取れやすい部分でもあります。

ニキビができている肌は
普段よりも敏感になっています。
日焼け止めをこまめに塗り直すなど、
いつも以上に入念な
紫外線対策をしましょう。

またあごは無意識のうちに手で触って
雑菌の繁殖を助長している場合があるため、
注意してください。

ニキビが悪化してきたり繰り返す場合は、
皮膚科のお医者さんにも
相談することも良いかと思います。

あごニキビが繰り返してしまうという方は、
是非生活習慣の見直し、
洗顔の見直しをしてみてくださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る