勘違いしているニキビケアはありませんか?

勘違いしているニキビケアはありませんか?

このページではあなたが普段行っているニキビケアが本当に正しいのか?そのニキビケアのせいでニキビが悪化していないか?を確かめて頂けるページです。またニキビケアに一番大事なこと話しているのでしっかりとご覧くださいね!
悩み 女性

勘違いしているニキビケアはありませんか?

 

あなたはニキビが出来てしまったときにまずどんなケアをするでしょうか?
ニキビケアは基本的にニキビが出来ていても出来てなくてもしてほしいと私は思っています。

しかしほとんどの方は、ニキビが出来てしまってからニキビケアを始めると思います。

今回はニキビが出来てしまったときにしてしまいがちな間違ったスキンケアを紹介していきます。
ニキビは出来てしまった最初のケアがとても大事です。

ここでいいと思っていたスキンケアが勘違いで、ニキビがニキビ跡やクレーターになってしまう可能性が高くなるのでしっかりと正しいニキビケアを学んでくださいね!

【ニキビが出来てしまった時の洗顔の勘違い】

大人ニキビができると、皮脂や汚れが気になって一日に何度も洗顔をしたり、メイクをしていないのにクレンジングでW洗顔をしたりしていませんか。

汚れをおとし、肌を清潔に保つことは必要ですが、剰な洗顔は肌のうるおい成分まで落としてしまい、肌が乾燥するので皮脂の分泌が過剰になり、また肌のバリア機能を守ろうとして角質が厚くなって、毛穴の出口をふさいでしまうので余計にニキビが悪化してしまいかねません

また、何度も洗顔することで刺激もあたえて炎症をさらに悪化させてしまいます。
脱脂力の強いオイルタイプ等、界面活性剤が多いクレンジング剤も、肌に必要なな皮脂をおとすのでかえって皮脂の分泌が促されます。

刺激が強いスクラブ入りも避けたほうが良いでしょう。

一方、乾燥による肌トラブルを心配してきちんと汚れを落とさずにいると、酸化した皮脂、メイクの汚れがさらに毛穴につまり、新たなニキビができてしまうことがあります。

洗いすぎず、しっかりと、肌に刺激を与えずに汚れを落とすことが洗顔のポイントです。

またメイクはできる限り早く落としましょう。
メイクは油分が多いので毛穴にふたをしているようなものです。
長時間つけたままだと、酸化した皮脂やメイクの汚れがたまり、アクネ菌が繁殖してニキビの原因となってしまいます

肌の細胞が最も活性化するゴールデンタイムは22時から2時と言われていますが、お肌のゴールデンタイムは寝付いた時間によって決まるのです。
寝付いて最初の3時間に、脳の脳下垂体から成長ホルモンが多く分泌されることが分かっています。
この3時間に成長ホルモンをできるだけ多く分泌されるよう、深く良質な睡眠を得ることがお肌にとって最も重要だと言われています。

【ニキビが出来てしまった時の保湿の勘違い】

肌 キレイ

ニキビケアに必須な保湿ケア

ニキビは油分が原因だから保湿はあまりしない方がいいと聞いたこともあると思います
これは全くの勘違いです

ニキビの原因は、肌が乾燥すると毛穴の出口の角質が厚くなるため、毛穴の詰りがひどくなります。

その毛穴の詰まりをアクネ菌がエサにして炎症を起こしてしまうのがニキビが出来る原因です。

なので、皮脂の分泌をコントロールし、ニキビを抑える働きのあるビタミンC誘導体を配合した化粧水をたっぷり使い、肌の潤いを保つヒアルロン酸やセラミドを配合した美容液で保湿しましょう。

「ビタミンCの働き」

・皮脂の過剰な分泌を抑える
・殺菌効果でニキビの炎症を抑える
・メラニンの合成を抑制する
・ニキビ跡や黒済みを改善
・コラーゲンの生成を促進させる
・肌細胞の新陳代謝を促進させる
・抗酸化作用で老化を防ぐ
・ストレスを抑制する

ただ、ビタミンCは酸化しやすく不安定です。
なのでビタミンC誘導体としてビタミンCをお肌に与えてあげるようにしてください。
真皮にビタミンCが届くとコラーゲンが作られ、肌のターンオーバーが回復し、ニキビ跡の改善にもつながります。

しかしビタミンC誘導体はお肌に合わないという方も出てくると思います。
初めて使う化粧品の場合は、必ずパッチテストをするようにしてくださいね^^

【乾燥肌を変えたい時の勘違い】

悩み女性

乾燥肌と思っていたら勘違いなニキビインナードライ肌

乾燥肌でもニキビが出来やすい肌だというが分かったと思います。
日本人に多い肌質は「インナードライ肌」なんです。

だから「私、脂っぽい肌質。テカテカしているなー」と思っていても実はインナードライ肌の方が多くいます。

つまりは多くの方が実は乾燥肌だったということがあるのです。

この乾燥肌という肌質を改善したいと思っているときに勘違いしがちなスキンケアとは、「乾燥肌は油分だけでは改善できない」ということです。

これまでの私の考えを読んでいただくとただ単純に乾燥防止=油分補給ということになりませんか?
しかし大人特有に乾燥肌は油分よりもまずは水分を必要としているのです。

そもそもなぜ肌が乾燥しているのかというと、何らかの事情で乱れてしまったターンオーバーの周期が原因により、皮脂膜が薄くなることで肌のバリア機能が低下して、角質層に潤いを閉じ込めておくことができなくなるからです。
つまり肌は水分不足でカラカラになり角質も枯れてしまっている状態なのです

ですから水分なしで油分を補っても乾燥肌の改善にはつながりません

またニキビができてしまっているところに、水分ではなく油分だけを塗ることでさらにニキビを増やしてしまう恐れもあります。

水分補給ができていないことで皮脂が異常分泌される上に油分をプラスすると、さらに毛穴はつまりやすくなりニキビができてしまうのです。

大人ニキビに悩む乾燥肌に一番に補給しなければいけないのは水分です。
洗顔後にはたっぷりの化粧水で充分に水分補給することが大事で、その保湿力が高ければ高いほど乾燥肌を防ぐことができ、潤い状態が続くので過剰に皮脂が分泌されることも少なくなります。

しかし、化粧水で水分を充分に補給したとしても、その水分が逃げないようにしなければせっかくの補給も無駄になります。

ここで、油分である乳液やクリームの存在が重要になってくるのです。
角質層に補給した水分を空気中に逃がさないように油分でふたをするのです。
大人ニキビをくりかえしている乾燥肌の人の保湿ケアとしては、水分と油分の役割を活かしてバランスよく使うことが最大のポイントです。

水分だけ、油分だけといったどちらかの片方だけでは、乾燥肌を改善することはできず大人ニキビの改善も不可能となります。

この水分・油分のケアはニキビが出来ている、出来ていないに関わらず、しっかりと毎日行ってほしいケアとなります。

何故なら水分と油分がバランスよく保っているお肌というのは、理想的で健康なお肌になりますのでニキビが出来にくいお肌なんです。

ニキビが出来てからのケアよりも、ニキビが出来にくいお肌を作ることがニキビ改善の本当のゴールだと思いますので毎日のニキビケアを忘れないようにしてくださいね!

また今回ご紹介した勘違いケアをしないようにしっかり今回のページをお読みになってくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る