コメドを正しくすっきり除去する方法

コメドを正しくすっきり除去する方法

このページではコメド(角栓)をすっきり除去する方法を紹介しております。コメドを爪やピンセット、毛抜きで抜いてしまっている方は要必見です!

↓LINEでのニキビお悩み無料相談室始めました★↓


基本的には3日以内には返事をしますよ~

実際に使ってみたニキビケアの商品名の良い悪いを美子の実体験で話すので、辛口コメント怖い方は気を付けて下さいねww

コメドに悩む女性

コメドに悩む女性

 

コメドって聞いたことありますか?
ニキビに悩んでいるあなたなら一度は聞いたことがあると思います^^

コメドは面皰(めんぽう)とも呼ばれており、英語でニキビという意味の「comedo」をそのまま発音したものになります。
日本ではニキビという意味ではなく、ニキビの原因となる「角栓」という意味で使われていますね。

このコメド、毛穴に詰まった皮脂や角質の固まりのことで、毛穴からちょこんと顔をだしていることが多いので、ついつい爪でひっかいて取ってしまったりしますが、正しい取り方をしないと毛穴を傷つける原因となってしまいます。

またコメドをエサにしてニキビが出来てしまうので今回はコメドがどうしてできるのか、またコメドを正しく除去する方法についてご説明させて頂きますね!

【コメドができる原因とは?】

コメドができる原因は、肌の乾燥です。
肌が乾燥することによって皮脂腺が危機を感じ、過剰に皮脂を出すことによって毛穴が詰まり、この詰まった皮脂が固まってコメドになるのです。

ちなみに、これをエサにしてアクネ菌が異常繁殖した状態がニキビですので、コメドはニキビの芯であり、これを放置することによってニキビができる確率がぐっと上がってしまいます。

肌の乾燥に良くない身近な物は、オイルタイプのクレンジングです。
肌が乾燥しているからと言ってオイルタイプのクレンジングがいいと勘違いされている方もいますがオイルタイプのものはしっかりメイクを落としてくれる反面、界面活性剤が配合されているものが多いため、肌のバリア機能を破壊してしまうのです。

すると肌は真っ裸の状態になりますから、少しの刺激でダメージが蓄積されてしまうのです。
またオイルタイプのクレンジングは洗浄力が強いため、メイクだけでなく肌に必要な油分も除去されてしまいます。

そうなるとお肌が乾燥してしてしまい皮脂腺が危機を感じ、逆に皮脂を過剰に分泌するようになるのです。

で毛穴に皮脂が詰まってしまってコメドが出来てしまうのです。

【コメドの正しい取り方とは?】

2

コメドを正しく除去する方法

コメドはよく毛穴からちょこんと頭だけ出していることが多いので、ついつい爪でひっかいたり、毛穴をしぼったりして取りたくなってしまいますよね。

にゅっと途中で切れたりすることなくコメドの全体を毛穴から綺麗に取り出せたときなんかはとても快感ですよ(笑)

しかし、爪でひっかいたり、毛穴パックを使ったり、コメドプッシャーで押し出したり、ピーリングをしたりするのは、実はニキビを悪化させる原因となってしまっているのです。

一時的にはコメドが取れて綺麗になったように感じますが、無理にコメドを取ることにより周りの皮膚も傷つけてしまい、細菌が入り込んだり刺激に弱い敏感肌になってしまったりするからです。

ここから肌の炎症に繋がってしまったり、外部の刺激に耐えられないお肌にになってしまうのです。

特にピーリングはコメドの除去には何の役にも立ちません。
適切なタイミングで行えば古い角質を除去することはできますが、コメドのような毛穴の奥の固まりまで取り去ることはできません。

またピーリングはお肌の表面に溜まった角質を除去しますが、毛穴にがっつり詰まったコメドはほとんど取れないのです。

ターンオーバーが乱れているときにピーリングを行うと、古い角質を除去することはおろか肌にとって悪い作用しかありませんので注意が必要です。

更にコメドの除去と聞いて真っ先に浮かぶのが「コメドプッシャー」

コメドプッシャーコメドプッシャー

コメドプッシャーには様々なタイプにものがありますが、基本的には両端が円形に穴が空いた耳かきみたいなものが多いです。
角栓の周辺の皮膚をギュッと押して角栓を押し出すものです。

一見簡単に見えますが、素人判断で行った場合、ニキビを悪化させたりかえってニキビを増やしてしまう原因になってしまうこともあります。

何故ならコメドが取れた後の毛穴ってよく見るとぽっかりと空洞になっていませんか?
この開いて閉まった毛穴ですが時間が経てば自然と閉じると思っていませんか?
実はこのぽっかり空いてしまった毛穴ですが、案外簡単には閉じません。
この開いた毛穴に再び皮脂や古い角質が溜まりコメドを繰り返すことになります。

コメドは、押し出す→溜まる→押し出す→溜まるを繰り返すことでどんどん大きくなって毛穴を広げていき、そうすると最終的にはボコッとクレーター状にへこんだ毛穴となってしまいコメドがあってもなくても目立つ毛穴。つまりイチゴ毛穴になってしまいます。

毛穴が大きく開く=コメドが出来やすい=餌にしてアクネ菌が増える=ニキビが出来やすいとなってしまいますので、コメドプッシャーは使わないようにしてくださいね!

【コメドを綺麗に取るためのポイント】

コメドを正しく取るには、焦るは禁物です。
外側からなにかちょっかいを出すのではなく、内側からコメドが押し出されるのを待つことが重要です。
内側から押し出されたときにコメドをとれば、それは自然の現象なので周りの肌を傷つけることはありません。

まだ十分に毛穴から出ていないのに爪でひっかいたり毛穴パックを使ったりしてコメドを取るのは、周りの組織を傷つけてしまうため避けたほうが良いです。

周りの組織を傷つけずにコメドを取ることはなかなか難しいので、コメドが自然に取れる状態になるまで待ちましょう。

待つことが一番難しいと思います。
コメドも日を追うごとに目立ってきますし、増えてくる可能性もあります。
しかしここを我慢できなければ、ニキビが出来やすいお肌だったりニキビ跡になりやすいお肌になったり、
毛穴がボコボコで目立ってしまうお肌になってしまう可能性もあるので、コメドはそのうち自然に出てくると思って待つようにしてみてくださいね^^

ポロっと取れる状態になったら、コットンでやさしくこすったり、消毒したピンセットなどで引き抜くと綺麗に治ります。

この状態になったらちゃんと除去してくださいね。

そのまま放置していると、それをエサにアクネ菌が出てきてしまったり、毛穴の酸化につながってしまうこともあるのでポロっと取れる時期をしっかりと見極めてコメドケアをするようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る