ニキビ肌や敏感肌を根本から治す方法とは?

ニキビ肌や敏感肌を根本から治す方法とは?

ニキビや肌トラブルに悩んでいる方は、もう自分はニキビが出来やすい肌だから!
敏感肌だからケアが出来ない!と決めつけていませんか?

ニキビには思春期の頃にだけ出来るニキビと大人になってから急に出来始めるニキビがあります。
特に大人ニキビは思春期ニキビとは出来る原因が違うことが多いので、
ケア方法や治し方を変えなければいつまでたっても治らないことが多いです。

今回はそんなニキビ肌だったり敏感肌を肌質変えることが出来るかもしれない方法を
ご紹介したいと思いますのでしっかりご覧くださいね!

 

【大人ニキビや敏感肌になりやすい肌をつくる体の状態】

肌を体の一部だと考えてみてください。
大人ニキビや敏感肌をおこしやすい肌は体の状態がつくっているのです。

人間の体は血液循環が活発な部分はその働きも活発になり、
逆に血液循環が低下するとその部分の働きも低下します。
肌の働きが低下していることが大人ニキビや敏感肌の原因になっている場合が多く、
そのような肌は体の表面=肌周囲の血流が低下して肌の働きが低下しています。

肌の働きが低下すると、まず第一に肌の新陳代謝が活発に行われなくなります。
新陳代謝が低下するとその影響は重大で、
肌のくすみやシミだけではなく毛穴の目詰まりをおこしやすくなって
白ニキビが出来やすくなります。
ニキビが出来ている部分の肌も新陳代謝で入れ替わっていますから
代謝が活発であればニキビもそれ程長く残らず自然に引いてきますが、
新陳代謝の低下した肌は一度出来るといつまでも居座ってなかなか引かず、
やっと引いたと思っても今度は必ずと言っていいほど跡が残り、
それがいつまでも消えません。

また肌には体の中の余分な熱を体外に発散する体温調節の働きがあるのですが、
肌の働きが低下すると肌から体の中の熱を外に逃がせなくなって
体の深部に熱が溜まってしまいます。
白ニキビ状態に熱のこもりが重なると炎症ニキビに発展しやすく、
肌の働きの低下で肌の免疫力が低下すると化膿ニキビになってしまいます。

【大人ニキビが出来にくい体の状態とは?】

1121_20121121211946

繰り返す大人ニキビを止めるためには、
新しくニキビが出来てこない肌をつくらなくてはなりません。
そのためには、肌の働きを低下させている体の状態を整えることが必要になります。
大人ニキビが出来やすい肌の人の体の状態は、
肌の働きの低下によって体の中の熱を体外に発散しにくい状態のため、
体の中に熱のこもりをおこしている場合が多いのですが、
全身に熱が分散している状態ならば極端な熱のこもりはおこしません。

しかし、大人ニキビが出来やすい体の状態のである
体内の水分代謝が上手く行われていない人は下半身の血流が低下しやすく、
下半身に循環できない分の血流が上半身に循環している状態で、
上半身には熱がこもっています。

しかし反対に下半身は冷えているので足の冷えやむくみをおこしやすく、
またこのような体の状態からは肩こりや腰痛もひきおこしやすくなります。
人間の体は上半身の血流よりも下半身を循環する血流が多いほうが健康な状態といわれていますが、
この状態になってしまうと出来る場所が段々下に下がってきて
フェイスラインニキビやあごニキビが出来やすくなります。

熱のこもりによって炎症ニキビや化膿ニキビが出来やすくなりますが、
熱のこもりが強くなるとしこりやかゆみが出やすくなります。

首ニキビは熱のこもりが強くなっているためにしこりニキビやかゆいニキビになりやすいです。
このような体の状態を整えることが大人ニキビの原因を解消するということで、
原因を無くさない限り大人ニキビはいつまでも繰り返し出来続けてしまいますし、
敏感肌を解消するためにも体内の原因を無くすことが大切です。

【肌の正常な働きを取り戻すスキンケア】

体内原因によって肌周囲の血流が不足すると肌の働きが低下して大人ニキビや赤ら顔、
敏感肌などの肌トラブルをおこしやすくなりますが、
同じ原因から手足の冷えや肩こり、生理不順や生理痛など
肌以外の体の各部にもトラブルが表れます。

大人ニキビや赤ら顔、敏感肌をひきおこす体内原因を取り除いていくと
肌以外の症状も軽減されていきますが、
その結果を最大限肌に発揮させるよう導くことが必要です。

また体内原因以外にもニキビが出来るからといって
皮脂を過剰に取り除くような間違ったスキンケアを続けることでも
肌状態が崩れて肌の働きを低下させて敏感肌になってしまうこともあります。

間違ったスキンケアで敏感肌を自ら作り出してしまっている人も少なくありません。
せっかく体の原因を取り除いても、
間違ったスキンケアで肌状態を崩すことを続けていると
なかなか肌トラブルを解消出来なくなってしまいます。

頑固な大人ニキビや赤ら顔、敏感肌を解消するためには、
体内の肌トラブルの原因を取り除くことと、
肌を正常な状態に整えて肌が本来持っている働きを引き出すスキンケアの
両面からの手当てが必要です。

例えば食事を見直したり、睡眠時間を見直すこともそうです。
いつもスキンケアをしている化粧水、乳液、保湿クリームの成分を見直して、
ニキビ肌や敏感肌に合わない成分は入っていないか?
お肌を痛めてしまう成分は入っていないか?などをしっかり見ることも
ニキビ肌や敏感肌を改善する一歩ですので是非実践してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る