30代の治らないおでこニキビを治すための3つの変化

30代の治らないおでこニキビを治すための3つの変化

おでこニキビは俗にいうTゾーンにあたり主に思春期に発生しやすいニキビとして知られています。
もちろん大人になって発生しない訳ではないのですが、繰り返しているようであれば対策が必要です。

「30代にもなっておでこニキビなんて恥ずかしい…」
「前髪はあげるようにしているし、メイクも日焼け止め以外はパウダー位なのに…」
なんて思わずにしっかりと対策を進めていってください。

実は30代になって大人ニキビが治らない場合には肌質やホルモンバランスが変わり、
今までのスキンケアがあわなくなった可能性が大きいです。

今回の記事ではここを詳しくお話しできればと思いますので是非最後までご覧くださいね!

【30代になると肌質が変化する!?】

肌トラブル
肌質はあなた自身も感じているように日々変化しているものです。
特に女性の場合、生理周期もありますので月の中でも肌の状態は大きく異なります。

10代、20代と30代で肌の状態で一番変化が表れてくるのがうるおい不足にともなう乾燥です。
大人ニキビも主な原因のひとつも乾燥ですよね。

ではなぜ30代になるとうるおいが不足し、乾燥してしまうのでしょうか?

●皮脂の分泌量が減少することで乾きやすくなる
女性の場合、皮脂量は20代をピークにどんどん減少していきます。
ただしこれはあくまでも今まで健康的な生活を送ってきた人の平均的な減少年齢です。

今まで
・無理なダイエットをしてきた
・ストレスの強い環境にいる
・スキンケアなんてまともにやっていない
・朝食を食べなかったりする割りに友達とファストフードに行く
というような場合にはもっと早くから皮脂量の減少をはじめとする
肌の老化は始まっています。

皮脂は肌を外的の刺激から守ってくれる皮脂膜の元になる成分なので、
皮脂量が十分でなければバリア機能も不完全なものになり肌はダメージを受けやすくなります。

皮脂膜が不完全になることで肌からの水分蒸発も今まで以上に増えることになり
乾燥を感じることが増えてくるのです。

●美肌のためのホルモン量も年齢とともに減少してくる
美肌ホルモンと言えば女性ホルモンのひとつ、エストロゲンです。
エストロゲンは皮脂分泌を抑えてくれたりお肌の状態を整えてくれたり、
水分量を保ってくれるのでうるおいや透明感のあるもちもちした肌を作ってくれます。

しかし残念ながらエストロゲンなどの女性ホルモンも30代に入ると減少する一方となります。

●ストレスによるホルモンバランスの乱れ
ストレスが増えるとどうなるのか?
体内では2つの反応が起きています。

・ストレスを対抗するホルモンが分泌される
・男性ホルモンが分泌される

ストレスを感じると体は防衛反応としてストレスに対抗する副腎皮質ホルモンを分泌します。
「ストレスに対抗するのならなんか良さそう」と思うかもしれませんが、
このホルモンを合成する際にビタミンCが大量に使われてしまうんです。

あなたもお肌のために、美容のためにとビタミンCを摂取していませんか?
それが本来はコラーゲンの生成促進や抗酸化作用などのエイジングケアを期待して摂取しているのに
ほとんどがストレスに対抗するホルモンの合成に使われ、他にはほとんど使われなくなってしまうのです。

また男性ホルモンは
・皮脂分泌の促進
・角栓の生成
・角質を厚くし毛穴を小さくさせる
・セラミドなどを減少させる
といった女性には嬉しくない働きをします。

これらのことから30代のお肌は
皮脂の減少によって渇きやすく、女性ホルモンの減少により状態も悪化し、
保湿成分の減少や毛穴の縮小といったニキビが出来やすい環境になっているのです。

【30代のニキビ肌を改善するスキンケアとは?】

繰り返しになりますが20代と30代の肌は全くの別物だと思ってください。
20代をどう過ごしたかにもよりますがお肌の老化が始まってしまっているのです。

そんなお肌に必要なスキンケアは
・バリア機能を高めるスキンケア
・保湿成分を補うkとでうるおいを維持するスキンケア
この2つが重要なポイントです。

もちろん肌実を改善するには生活習慣の見直しも大切ですが
忙しい毎日に追われているとなかなか難しい現実があると思います。

ですがメイクを落とすために必ずクレンジングや洗顔は行いますので
その延長線上であなたのニキビ肌を改善するためにケアをプラスα出来る方法を
今日はご紹介したいと思います^^

【30代のニキビ肌だからこそ保湿を見直す!】

バリア機能は簡単に言ってしまえば皮脂と汗の水分が混ざり合った究極のオイルです。
しかしこのオイルは20代をピークに減少していきます。
ですのでバリア機能が不十分になるため補ってあげる必要があります。

その要になるのが保湿なんです。

保湿というと「保湿なんて毎日やっているし」と思う方もいると思います。
あなたの保湿は正しく保湿出来ているのでしょうか?
化粧水や乳液だけつけて保湿してますなんて言ってませんか?

肌の保湿成分は若い頃に比べて減少しています。
それはなぜか?
何故ならば肌のターンオーバーの周期が年々長くなっていくからです。

20代では28日程度だったものが30代には40日程度まで延びます。
保湿成分はターンオーバーの過程で生み出されるのでターンオーバーの周期が延びるんです。
それはすなわち、保湿成分の生成量が減少するということなんです。

なのでスキンケアを変えていないのに肌が乾燥するようになったと
感じるのは化粧品が変わったのではなく、
あなたの肌は変わってしまったのです。

保湿成分が減少しているので化粧水でうるおいを与えてもそれを受け止め、蓄えておくことができません。
それどころか蒸発するときにお肌の水分も一緒に蒸発させてしまうために
余計に乾燥してしまうのです。

なので大切なことは保湿成分を補ってあげることです。

特にセラミドは保水力が地球上で一番すごいと言われていますので
美容液などで保湿をしてあげるのがおすすめです。

いかがだったでしょうか?
特にスキンケアも変えていないのに、肌が乾燥するようになったという方は、
年齢と共に肌自体が変わってしまっているのかもしれません。

是非この記事を参考に日々のスキンケアを見直して見てくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る