女性のためのニキビ漢方薬

女性のためのニキビ漢方薬

大人のニキビは、ストレスやホルモンバランス、生活習慣の乱れなどが引き金になると考えられていることからもわかるように

心身のバランスの働きが崩れたときに発生するという特徴があります。

そうした理由もあって、炎症を鎮静化させたり、毛穴詰まりを防ぐといった皮膚の症状に対する対症療法的なアプローチだけでは

大人ニキビはなかなか治りにくかったり、治ってもすぐにまた再発してしまうといったケースが多く

完全に治ってなおかつニキビが出来ない肌を作るというのが難しくなっているのです。

そこで今、注目されているのが漢方薬です。

今回の記事では注目されている漢方についてお話ししたいと思いますので是非最後までご覧くださいね!

【漢方薬とは?】

西洋医学では、ニキビ(病名・病気)に対して薬が処方されるため、アダパレンと過酸化ベンゾイル、それから抗生物質の内服薬など使う薬は皆だいたい同じになります。

しかし、漢方医学では、「証」と呼ばれる独特の診断基準によって「体の状態が正常からどのようにズレているか?」が見極められ、それによって治療の方向性が決まります。

よくニキビに悩む女性向けの漢方薬として「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」がオススメされていることが多いですが、「証」が違っていれば、効果がないこともあるのです。

いわゆる「証」というのが処方箋になるということです。

漢方では「証」が違えば使う薬は違いますし、病状が変化すれば「証」も変わるため治療に用いる漢方薬も変わるのが普通です。

20

【ニキビには西洋薬よりも漢方薬が良い?】

西洋薬とは、鎮痛剤や降圧剤など、ある症状に対してピンポイントで作用するものです。
即効性があり、治療効果も高いですが、その分副作用などのリスクが高いのが特徴です。

一方の漢方薬ですが、先にも述べた通り、病気そのものに作用するというよりも

体質の改善を重んじ結果として病気を治すという治療になりますので、根本的な考え方に違いがある訳です。

その為、ニキビができやすい体質だとお悩みの方に漢方は有効だと言えます。

43

【漢方薬のメリット、デメリット】

●メリット
漢方薬によるニキビ肌の体質改善では、化学的な薬剤によるニキビ治療のような副作用やリスクが少ない

薬剤の使用を止めたときのようなリバウンドがないなどのメリットがあります。

また、ニキビ自体を治すだけでなく、ニキビ肌体質のもととなっているさまざまな問題点を改善することによって体調自体を良くするという効果も得られます。

実際に漢方薬でニキビ肌の改善を行なった人の体験談でも、「漢方薬でニキビができなくなった」、「肌がツルツルになった」という感想以外に「体調がよくなった」「冷えやむくみがなくなった」などの感想も多数見られています。

●デメリット
一方、漢方薬のデメリットとしては、「すぐに効果が出ない」「漢方薬を用意するのが面倒」「値段が高くて続けにくい」といった点も挙げられます。
また、漢方薬を使ったニキビ肌体質の改善のためには、自分がどんな体質でニキビができやすいかといった点を明らかにする必要が出てきます。

そのため、初回は漢方専門店や漢方薬に詳しい担当者がいる薬局に出向かなければならず、近隣に適当な漢方ショップがない場合は相談や購入がむずかしいというデメリットもあるのです。

また漢方薬にも副作用があります。

西洋薬に比べるとその可能性は低いと言えますが、体調によっては、、、

・食欲がなくなる

・発疹やじんましんが出る

・むくみが出る

・不眠

・血圧が上がる…etc

などの症状がでる場合もあります。体に異変を感じたら、使用を中止し医師に相談してくださいね!

いかがだったでしょうか?
ニキビ肌をしっかり内側から治したいのなら、是非漢方も試してみる価値ありです^^
これから長い時間をかけてもニキビに悩みたくないと思っているのなら是非検討してみてください!

日々ニキビ・ニキビ染みケアをするのにおススメの美容液がありますよ

繰り返しニキビ・ニキビが治った後の

ニキビ染みにはベルブラン

こちらも併せてご覧下さいね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る