あなたは大丈夫??背中ニキビを悪化させないパジャマの選び方

あなたは大丈夫??背中ニキビを悪化させないパジャマの選び方

背中ニキビケアの鉄則は、

清潔にすること

刺激しないこと

この二つです。

しかしながら、夏真っ盛り

寝苦しい夜が続いていて、なかなか寝付けなかったり、起きた時には汗びっしょり・・・なんてこともありますよね。

じっとしているだけでも背中に汗がにじむこの季節、背中に出来てしまったニキビを早くキレイにケアするにはとても難しいシーズンですよね。

だからこそ、今あるニキビを悪化させないためにもパジャマ選びは重要です。

パジャマの素材が、背中ニキビを刺激する??

huton.fw

布は常に背中に触れていますので、背中ニキビにとって、パジャマはとっても重要です。

特に注意したいのが、ポリエステルやアクリル生地といった化学繊維です。

これらの化学繊維は丈夫で比較的安価に作れるというのが魅力なのですが、肌に触れた時の摩擦が強く、背中のニキビを刺激しやすいという難点があるのです。

また、化学繊維は汗をかいたときに吸収性が悪く、寝返りを打ったときなどの摩擦と相まって背中ニキビの環境を悪くしていまいがちです。

背中に湿気がこもってしまうと、アクネ菌をいつも以上に増殖させてしまいますので、

背中ニキビがある方には絶対に避けて頂きたいと思います。

特に元々肌がデリケートな方は、余計にニキビに痒みやヒリヒリ感を感じてしまうかもしれません。

さらに注意したいのが、静電気です。

冷房で乾燥した室内など、静電気が発生しやすい環境だと、静電気によって背中をさらに乾燥させてしまい、痒みを発生させてしまう恐れがあります。

化学繊維は短い時間肌に触れる分にはそれほど問題がないのですが、就寝時などの長い時間となると、肌へのリスクが高まります。

これらのリスクを軽減するためにも、パジャマを購入するときは化学繊維を避けるようにしましょう。

化学繊維以外に、背中ニキビを刺激するもの

他にも、背中ニキビを刺激するものがあります。

一つ目は、背中のタグです。

特にパジャマにおいては長い時間来ているものなので、、タグが背中にあると、ちょっとした動きで背中ニキビを刺激し続けてしまうことになります。

タグは素材や洗濯表示などを確認したりするのに便利なものですが、もし一度来てみて背中に違和感を覚えるようだったら、すぐに切り取るようにしましょう。

二つ目は、縫い目です。

この縫い目が以外と曲者で、もしも素材が優しいものでも、使われている糸が化学繊維だったりすると厄介です。

パジャマの構造によっては、この縫い目がちょうど背中にきて、背中ニキビを刺激してしまう恐れがあるのです。

購入するときは、縫い目が背中にあたらないか、しっかりチェックするようにしましょう。

背中ニキビに優しいパジャマの選び方は?

neru.fw

では、どんな素材のパジャマであれば背中ニキビに優しいと言えるのでしょうか?

答えは、木綿素材のパジャマです。

木綿は、素材の中でも摩擦が少なく、汗をかいたときの吸収性も優れているのがポイントです。

木綿は通気性に優れており、化学繊維よりも乾きやすいので、洗濯がしやすいというのもポイントです♪

素材以外に気を付けたいポイントは?

sentaku.fw

何より、「清潔に保つ」ということです。

私たち人間は、寝ている間にコップ一杯分の汗をかくと言われています。

さらに夏場は汗をかきやすいため、アクネ菌が増殖しやすい環境といえます。

また、寝ている間は動きが少なくピタッとパジャマが背中についている状態が続きますので、日中の服以上に清潔にしておくよう気を付けましょう。

出来ればパジャマは毎日洗い、毎晩清潔なものを身に着けられるようにしましょう。

そのため、2~3枚ストックしておくのをおススメします。

パジャマは睡眠の質も左右する大事なアイテムです。

ぜひ素材にこだわって、良い睡眠をとるようにしましょうね♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る