ニキビ対策に必須の日焼け止めの違いわかりますか?

ニキビ対策に必須の日焼け止めの違いわかりますか?

ニキビ、ニキビ跡の悩みを抱えていると

紫外線対策って大事ですよね。

夏はもちろん、春、秋、冬も

日焼け止めは欠かせません。

日焼け止めを選ぶ時に

「とりあえず数値の高い物を買う!」

といった意見が多いのですが、

日焼け止めの違いって

ご存知ですか?

 

日焼け止め-SPFとは-

日焼け止めで一番最初に目に入るのって

「SPF50」や「SPF30」ですよね。

この、50や30の数字は

日焼け止めの強さを示す数字ではないのです。

dame

SPGの数字は、

「どれだけの時間ガードしてくれるか」

といった数字なのです。

約20分の間に日焼け止めを

付けなかった素肌と比べて、

日焼けが始まるまでの

時間を何倍に伸ばす事が出来るのか?

といった数値なんですよね。

 

例えば、SPF50ですと、

20分×50=1000分(16時間40分)まで

日焼け止めの効果があるという事になります。

 

「16時間50分も持つ~」ではなく、

この数値は

「肌が真っ白になるくらいまで

日焼け止めを塗った場合の数値」

だと思って下さい。

実際に、肌が真っ白になるまで

日焼け止めを塗る人って

ほとんどいないので、

実際に16時間も持つことは

ほぼほぼ、ありえません。

0

日焼け止め-PAとは-

では、次に「PA++」などと書かれている物は

一体何なのか。

これは、「紫外線Aをカットする効果」

どれだけあるかについての表示です。

「PA+」や「PA+++」など「+」の数で

変わってくるのですよね。

「+」が多ければ多いほど、

紫外線Aに対しての効果が高いです。

効果が高い分、お肌への負担も

強くなってしまいますので、

日常使いとレジャー用で

「+」を分けてあげる事が望ましいです。

ここまでは、日焼け止めの基本編です。

日焼け止めは紫外線から

お肌をガードしてくれる存在ですが、

日焼け止めによっては、

ガードの仕方が変わってくるのです。

 

それが、

「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」

になります。

 

詳しくは次回の記事で

詳しく紹介しますので、

しっかりと覚えておいてくださいね!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る