ニキビ跡にも日焼け止め選びは必須

ニキビ跡にも日焼け止め選びは必須

前回の記事でお話ししておりますが、

ニキビ、ニキビ跡のケアをするには

紫外線対策は必須ですよね。

 

紫外線対策と言えば

日焼け止めは必ず使用すると

思います。

 

今回はその日焼け止めに書かれている

「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」

違いについて紹介します。

0

 

-紫外線吸収剤-

紫外線吸収剤は、

紫外線をお肌の表面で吸収し、

内部に侵入するのを防ぐ効果があります。

 

日焼けを防止する効果が非常に高いのが

一番の特徴です。

 

また、

日焼け止めの伸びが良い

白浮きしにくい

特徴があります。

shutterstock_268593500

しかし、紫外線吸収剤は

吸収した紫外線を赤外線や熱に変えて

外へ逃がすと言う働きを行う為、

お肌への負担も強くかかります。

 

主な成分としては、

・オキシベンゾン-3

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

などが含まれています。

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは

シリコン油と相性が良く、

使われる頻度が最も高い物です。

 

-紫外線散乱剤-

続いて紫外線散乱剤。

紫外線散乱剤は紫外線を

反射や乱射させる事で、

肌の中に紫外線が

侵入するのを防ぎます。

 

特徴としては、

・肌に低刺激で優しい

(敏感肌でも使いやすい)

・白浮きしやすい物が多い

です。

 

敏感肌の方でも

安心して使えるのが嬉しいですよね。

sunburn-cream-300x200

紫外線散乱剤は、

「紫外線散乱剤」ではなく、

「紫外線吸収剤フリー」

「紫外線吸収剤不使用」

書かれている場合が多いので、

チェックしてみてくださいね。

 

実際に敏感肌の方でも

紫外線吸収剤を使って問題ない方も

いらっしゃいますので、

どちらの日焼け止めを

使用するかは

人によってももちろん違いますし、

シーン別で分けてあげるのも

良いと思います。

 

海やプールなどのレジャー時には

しっかりと紫外線カバーをしてくれる

紫外線吸収剤を使う。

 

買い物や近くのお出掛けなら

お肌に優しい紫外線散乱剤を

使ってあげるなどなど・・・。

 

ニキビ、ニキビ跡に

負担を禁物ですが、

紫外線対策をしないと

もっと悪化してしまうので、

しっかりと自分の肌と

向き合いながら、

対策をしてあげましょう。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

★自己紹介★

ニキビ大学ライター:美子(みこ)

年齢:ニキビと戦う27歳!

中高生時代をニキビと共に過ごし、ニキビと十数年戦ってきました・・・。

好きな物は美肌になるための知識&フルーツです(^_-)-☆

こんな私ですが、仲良くして下さい♪

ページ上部へ戻る